ぼちぼち写活再開・・・2020/06/19

ランタンフェス・・・

すっかり一月以上経ってしまいましたが、コロナに罹ることなく生きています。。。

仕事は基本テレワークなのですが、偶に出勤しています。。。勿論マスクは通勤時しております。

しかし、今までマスクは毎年冬のみで、その理由が花粉症などではなく単に防寒具としてだったので夏にマスクするのはとても違和感がありとても暑いです (^^;

それにテレワークがこのまま毎日続くと夏場エアコン代などで電気代がざっと 5 ~ 6万/月 程度になりそうな恐ろしい見積もりです (^^;;;;

ランタン @ 風見鶏の館

さて漸く活動開始しようと企んでおりますが、海外は少なくても今年は絶望的・・・国にはよってはこの先何年ダメなところが出ますね・・・ということでまずは国内でしかも近場でならしですね。

となると涼しい夜・・・ということで三脚いるな~と言うことで三脚ネタです♪

風見鶏の館

上の3枚の写真は、コロナの緊急事態宣言前の今年2月に行われた特別夜間開館の風見鶏の館でのランタンです。 既に自粛ムードもありましたので人も少なく、まあイベントのタイミングが悪かったですよね。。。

三脚は勿論使いました♪

 

さて、マクロ用やミニ三脚を除いて4本三脚がありますが、長い間使ってみての結論として最も使えない三脚は Befree カーボン MKBFRC4-BHでした。

実は Befree には沢山の種類がありどれのこっちゃと思うところですがこれはオリジナルの物ですね。

これをアルカスイス互換にするのに苦労した割に、三脚としての機能と性能がイマイチだったということです。。。具体的には

  • 全伸高が中途半端:
    出かけてみて何度も高さが足りない!と思ったことがありました。ローアングルで使うのであればSLIK スプリント MINI II GMの方がずっと良い(ただしSLIK 雲台 SBH-180 DSに要交換)

  • 重量バランスが悪い:
    三本の脚の根本の金属部がやたら重量感がありトップヘビー。 これはそのまま安定度の悪さにつながる。もしかしたらアルミ製の方が良いのかも!

  • 安定度が悪い:
    耐荷重 4kg とありますが正直 2kg のSLIK スプリント MINI II GM と同程度。 特に雲台角度を決めて締めた後動きが大きい。一番細い脚のしなりが気になる

ではそこそこ高さのある Befreeアドバンス はどうか?

これも結局同じで、より大きくなり重い・・・、更にアルカスイス互換にも問題があります。

MH494

特に買ってから騙された!・・・と思ってしまいそうなのが、自由雲台 MH494-BH又は自由雲台 MH496-BH(上の写真)の Befreeアドバンス です。

明確にアルカスイス互換と書かれておらず、『使用しているプレート 200PL-PRO は多くのアルカスイス互換雲台に取り付けられます』と書いてあります。 どちらも正しい表現なんですが、その真意を理解しないと雲台がアルカスイス互換ってことね・・・と間違った解釈をする可能性があります。

自由雲台 MH494-BH/自由雲台 MH496-BH200PL-PROプレートが、アルカスイス互換雲台に取付けられます、というのが正しい表現で、自由雲台 MH494-BH/自由雲台 MH496-BH にはアルカスイス互換の最大の利点である他メーカーのLアングルプレートなどが使えません。

つまり Befree シリーズにはまともなアルカスイス互換が存在していませんでした。。。因みにマンフロットからはManfrotto ボール雲台 X-PRO プレートQ6付き MHXPRO-BHQ6とハイドロスタットボール雲台Q6付 いうのがアルカスイス互換雲台でしたが(おそらく)、全くもって表に出て来ません。

 

XPROボール雲台Q2付きとQ6付き

ところが、ここ最近のコロナ騒ぎ間にこっそり Befree 3 というのが発売されました。 3Way雲台ですが、上の写真の右側と同じタイプのクランプですが見た感じやっとアルカスイス互換の Befree が出た!と言えそうです。

写真を見る限り、もしかすると一部のアルカスイス互換プレートの深さ方向(厚み)が干渉して問題が出る可能性がもありますが、以前の自由雲台 MH494-BH/自由雲台 MH496-BH  よりかなりマシな感じがします。。。

しかも、3wayでこのコンパクトさ! 自分は買いませんがちょっとレビューが楽しみですね♪

 

皆さんも給付金で是非無駄遣いしましょう♪ 普段使わないところに使うのが経済の為には効果的なのだそうですw

そのお金は周り廻って皆さんの懐に戻って来ます!!

 

上の風見鶏の館とランタンの写真は、α7 III で、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSFE 135mm F1.8 GMのレンズを使っています。

現像ソフト・・・2020/04/27

Mediterrasse Kobe

在宅勤務中ですが、どう考えてもこの状況はかなり長くなりそうなので、会社のモニターがを家に発送しようかと検討中です。。。

在宅勤務をなるべく雑音を減らして快適に仕事をできるように環境から変えて行かないとモチベーションが下がりますよね~ (^^;

 

話は変わり写真の運用は結局写真現像の運用のメインはソニーの "Imaging Edge" でなく、Adobe LightRoom にすることにしました。

ただし以前述べたように、毎月払わなければならない Adobe CC でなく、以前から所有している Adobe LightRoom 6.14 のパッケージ版のままです。

Mediterrasse Kobe

主な理由はやはり多機能で、ソフトが軽く使い易いからです。

多機能と言ってもあまり使いこなしている訳ではありませんが、何しろ使用したレンズで検索とか Enigmatic Page のウォーターマークとか基本的な機能が簡単に使えるのが LightRoomの良い所ですね。

ただしパッケージ版のサポートは終了していて最新のレンズのプロファイルはないとか、α7 III のRAWが読めないとか問題が多々ありますので、無料の Adobe DNG converterで一度RAWをDNGに変換してから使用しています。

今回は写真も撮りに行っていないので、LightRoomの検索機能を使い、このサイトで最もサンプルが少ない E 10-18mm F4 OSS で撮った神戸の写真を載せてみます♪

 

上の二枚の写真は神戸の Mediterrasse 実はもうクローズして建て替えれてしまったようでもう見れないと思います。。。

見れないついでに下記はコロナの影響で破綻してしまったルミナス神戸・・・、でもご安心ください、神戸コンチェルトはまだ営業しています。。。かと言って緊急事態宣言が解かれても、客が戻って来るか非常に微妙ですが・・・

ルミナス神戸

因みに LightRoom でレンズやカメラ名で検索する方法は、

LightRoom 右上にある"ライブラリ"タブを選択すると、ウィンドウ上のメニューの並びに、"ライブラリ(L)"というのが出て来ます。 この中の”検索(K)”をクリック。

その状態で画面上部にある”メタデータ”を選択すると、カメラ、レンズ、焦点距離でフィルタリング出来ます。

下記を見ると結構撮っていますよね・・・、そうなんです、あまり載せていないだけでしたw

LightRoom

光芒と光条✨2020/04/09

しかし、このウィルスの発生・・・絶対に人為的な由来ですよね・・・あんだけ必死に誤魔化そうとしているところを見ると拡散したのは想定外っぽいですけどね。。。

 

さて、本題に入ります。 どうも光芒と光条の違いが良く分かりません、光芒は感じ変換で出ますが、光条は変換で出て来ませんね。。。

今回の話は点光源のウニの様な光の棘のことなので、【条】だと、すじ、すじみちを意味し、【芒】だと、棘とか光の先端を意味するので、光芒の方が正しい気がしますが、その辺の話は文系の方にお任せしますが今回は検索の多数決により光条とさせて頂きます (^^)/

SEL20F18G で写す♪

ということで FE 20mm F1.8 G の光条(こうじょう)なのですが今頃・・・w

そもそもの始まりは、ビーナスブリッジで撮った夜景の電灯(写真中央辺り)のトゲトゲ具合が気に入らん!

これはレンズのせいなのか、撮り方のせいなのか見極めよう!・・・というのが目的です。

いきなり結果です!

今回実験の為同じレンズ FE 20mm F1.8 G で撮ってみました。 結果下記の写真右側が今回撮ったもの・・・。 どうです?改善したでしょう?

因みに前回のビーナスブリッジ(上の写真)は、F10で撮ったものですが、下記左側のビーナスブリッジは F13 の物、そして右側は F14 とちょっと条件が違ってしまいましたがこれだと殆ど差がないのでご安心を!

この違いは絞りではありません。

光条比較

種明かしをすると、光源の問題でしたwww

ウニ状態の光条は、光源が小さければ小さいほど棘だけが長く伸びて見た目が良くなりますが、ビーナスブリッジの方は街灯でしかも拡散カバーで覆われていたので、モヤっとしてしまったというわけですね。

ということで FE 20mm F1.8 G は無罪で、綺麗な光条でますので安心してください。。。

 

また通常撮影にはレンズプロテクターを付けていますが、今回丁度良い機会だったのでレンズプロテクター(レンズ保護フィルター)の影響も調べました。

実は以前安い国内メーカーのレンズプロテクターを使っていたのですが、光源の滲みやゴーストが出ていたのがそのプロテクターが原因と分かり、現在違う物を使用しています。

下の写真で上の物がフィルター無し(F22)、下の物が現在使用しているフィルターあり(F22)です♪

全く差異はありませんよね (^^)/

F22 without Filter
F22 with Filter

これで安心してプロテクター使えます!

・・・因みに使った物は、HAKUBA レンズフィルター XC-PRO で撥水/防汚コートされており、脅威の面反射率0.3% !!

実はこれと同じ撥水/防汚コートされており、面反射率0.1% の物が存在します!・・・それはニコンの ARCREST PROTECTION FILTER です!

当然値段が ハクバ の物より高く 2倍以上しますが、最高峰を目指したい人は是非どうぞ♪

春うらら2020/04/02

菜の花

ということで全く”うらら”な感じではない今日この頃ですが、FE 20mm F1.8 Gのサンプル続報として菜の花を♪

やはり噂では今年中に F1.2 GM が出るそうですね♪

Eマウントはかなり充実してきており、あと出そうで出ていないのが下記のレンズじゃないでしょうか♪

  • 12-24F2.8GM
  • 105F1.4
  • 300F2.8
  • F1.2GM群

F1.2GMでは個人的には35mmが欲しいです!今の35mmF1.4は設計が古すぎますよね。。。

菜の花

実際に他社から出ているF1.2レンズは、35~85mmの焦点距離なのでこの間になる可能性がとても高いと言えそうです。

上記から見ても35mmが最も可能性が高い気がします。。。

さて、FE 20mm F1.8 Gの光条(光芒)の検証にも行って来ましたので次回に♪

SEL20F18G で撮るビーナスブリッジ♪2020/03/22

SEL20F18G で写す♪

ということでFE 20mm F1.8 Gを持って山に行って来ました♪

山と言っても新コロナ感染リスクを抑えるため、

  • ラッシュ時の公共機関移動は避ける
  • 電車・バス移動は30分未満
  • オープンエアの場所

が守れる場所なので近場ですw

ビーナスブリッジ♪

しかも駅から歩けて山の上の公園まで20~30分程度です。 標高はたったの160mなので楽勝・・・と思うかも知れませんが結構キツイです。。。

もちろん車でのアクセスの可能ですが、週末引きこもり生活で運動不足になりがちな今こそ歩くのが良いでしょうw 場所はビーナスブリッジです

正直、関西に住むまでこの場所は知らなかったのですが、デートスポットで有名らしいですね♪

ビーナスブリッジ

神戸夜景で有名な六甲山や摩耶山から観る夜景よりは標高が低いのでこじんまりしていますが、この橋が良い味を出しているのとバスやロープウェイを使わずに街中からアクセスしやすいのが利点です♪

レンズの使用した感想ですが、何しろコンパクトで解像度もとても高いです♪

また他のレビューでも良く見るようにフォーカスだけをバリバリ動かすとフォーカスブリージングが分かりますね・・・静止画だとあまり影響ありませんが動画メインでやっている方は使い方によっては気になるかも知れませんね。

最近のそこそこのレンズは出来が良い物が多くフォーカスブリージングなんかもかなり抑え込んでいるので殆ど目立ちませんが、このレンズはちょっと目立ちます。 恐らく画質、コスト、AFの速さ、コンパクトさを優先させてフォーカスブリージングを犠牲にしたという感じでしょうか。

ビーナスブリッジ

レンズの設計としてはFE 24mm F1.4 GMと殆ど差は有りません。

超高度非球面XAレンズ(コスト高いGM)と高度非球面AAレンズの差(FE 20mm F1.8 G)だけでしょうね。。。

ちょっと今回折角の夜景でイイ感じで写せた(一番上の写真)のに、光条が汚くなってしまいました (^^;

ビーナスブリッジ

多分これは写し方だけで直せますので、近日中に夜景を撮って検証してきます♪ すぐ同じ場所だと飽きますし、山登りが大変なので違う場所に行く予定です (^^)/

ということで今回使用したカメラは α7 III で、レンズは FE 20mm F1.8 GFE 100mm F2.8 STF GMです♪

超コンパクト・高画質レンズ!2020/03/16

SEL20F18G

このところの新コロナ騒ぎで、公のイベントは殆ど中止、仕事では国内外の全ての出張は禁止、プライベートでも人の集まるような場所に行くなということで引きこもり生活で、世界的な経済活動(ボーナス)を心配していましたが一時的に消費税を下げるという案が出ているとか・・・
そんなことになったらウィルスでなくレンズが増殖しそうですよね (^^♪

消費税がまだ下がっていないというのに、家でゴロゴロしていたせいで何故かレンズが増殖していましたw

そう、FE 20mm F1.8 G です♪

更に家に引きこもっていると運動不足で免疫が落ちますので、近所の山にレンズのお試しに行って来ました♪

その前に簡単に紹介を (^^)/

FE 20mm F1.8 G

外観は上の様に滅茶苦茶コンパクトで、APS-Cの Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA に比べても大きさに大差ありません。

実際に取り付けてみた感じは下のようになります♪

FE 20mm F1.8 G

試した感じ AF はメッチャ速くて静か、写している時は集中しているせいか気付きませんが、ジッとしてAFをガンガン動かすとレンズが動いている感じがカメラに伝わります・・・w

またリニアモーターのせいか、カメラの電源を切った後レンズを上下に振ると、中でレンズ群が自重で動いているのが分かります・・・、これはまた価格コム掲示板で『これは故障でしょうか?』と聞いてくる奴が出てきそうです(爆)

まだデータ落としていませんが、現像終わったらそちらの写真も披露します♪