ダイバー飲み会2022/11/29

大阪

3年ぶりに開催された大阪ダイバー飲み会に行って来ました♪

大阪

毎回この時期は大阪のイルミネーションも始まっているので飲み会の度にカメラも持って行きましたが、今回は新潟から来る方(もちろんダイバー)と昼から合流する事になったのでカメラは持たずに行きました。

大阪

まずランチは近畿大学水産研究所で、近大マグロです♪

マグロは実は生態系のかなり上の方なので、生体濃縮されてかなり重金属が含有されており妊婦などに制限されていますが(海を汚す人間の自業自得)、近大マグロは養殖されているので重金属含有率が極めて低いと言う事と、餌が安定している事などより全身トロの様になると言われています。

近大マグロ

以前から行きたいと思っていましたが、コロナ前はランチ予約不可で並ばないとダメとの事で諦めてました。 今は予約可でしたのでラッキーとばかりに文字通り食いついた訳ですw

メニューの寿司ネタの説明で何とタマカイがあると聞いて盛り上がりました♪

タマカイと言えば子供を丸呑みしたと言う伝説もある珊瑚礁域の最大魚種です。

近大マグロ

実際に見たのはボルネオ(シパダン、マブール)ですね♪

それが寿司ネタで食べられるなんてビックリです(正確にはクエの成長が遅いのでタマカイと交配させたそうです)!

店員さんもまさか寿司ネタの説明でマグロでなくタマカイに客が食いつくとは思わなかったでしょうw

大阪

上の写真で言うと皿上の段左から3つ目です…歯応えがあってあまり食べた事が無い食感でクセも無く美味しかったです♪

近大マグロは左の上下ですが左下の赤身は余り脂が無く(全身トロと言う噂だったので期待していたw)マグロ特有の匂いは余りしませんでした。

大阪

この店の問題は、追加でマグロ刺しを!!という注文の仕方がランチでは出来ません。。。

つまみとして刺身で食べたいですよね。。。と言う感じでしたが近畿大学水産研究所は、現在大阪と銀座に店舗がありますので機会があれば是非♪

大阪

さてゆっくり昼食の後は空中庭園に行きました♪

いや~、海外の客が多かったですね。。。入場料が \1,500 もするとは知りませんでした。。。

大阪

通りすがりの観光客をモデルにしてスマホのポートレートモードで撮らせて頂きました♪

更に丁度イイ場所があったので、こちらでもカメラアプリのポートレートモードで遊んでみます♪

大阪

ちょっと大口径レンズで撮った一眼で撮ったように見えますよね♪

上の写真画面の左側はスマホが勝手にリアルタイムにレタッチしてボケを入れています。

大阪

なのでちょっとでもフラフラさせるとすぐ普通のスマホの写真に戻ってしまいますw

まあそれでもカメラを向けるとリアルタイムでレタッチなんて凄いですよね。。。

大阪

勿論 GMレンズなどの美しボケ、解像度とは比較にはなりませんが、10年後はもしかすると逆転もあり得えます。。。

さて次は、難波八坂神社に行ってきました♪ こちらも海外観光客が多かったですw

大阪

と、この後焼肉飲み会に参加しました♪ 皆さんやはりコロナ禍でストレス溜めているようです。。。

写真は全て iPhone 13Pro でした♪

ザ・キューブ2022/11/25

Cube

恐らく一年以上工事していてライトアップされていなかったらしいのですが復活したとの情報を見てちょっと行って来ました♪

真四角な建物をライトアップしているだけなのでどう表現、切り取りをするべきかとても難しい被写体です (^^;

ライトアップは月毎に違うようなのですが、一週間毎日通って写そう!という被写体ではないですけどね。。。

Cube

さて 行くと決めてからも、この手の被写体ではどのレンズが最適か悩みどころです。。。

超広角が良いのか、望遠で行くべきか、それが問題だw

因みにライトアップは閉館後に行われるので中に入ることはできませんが、周りは開けた場所なので自由度はあります。

Cube

建物の イメージとしては、映画の『Cube』を思い出しました。

知らぬ間にトラップだらけの建物の中に連れて来られて、そこから脱出する、というストーリーですね。

ライトアップは毎月テーマがあって、色の変化が異なっているようです ← 二回ほどしか行っていないのでよくわからないw

Cube

毎月のテーマ以外にも、環境の日はグリーンなので緑になる、とかあるようです。

通常のテーマのライトアップでは常に色が変化していますがテーマに沿ったものだとか…。

切り取りが難しいですが、毎日観れるので偶に行くのはありですね。。。

Cube

近くだったら毎月撮って一年を並べてみる、なんての良いかも知れません。

ただ、色が刻々と変わるので動画の方が良いかも知れませんねw

ライトアップの時刻は、毎日19時から21時です♪

Cube

ということで人と防災未来センターでした。

カメラは α7Ⅲ、レンズは FE 24-70mm F2.8 GMⅡ です♪

442年ぶりの月食&天王星食2022/11/17

天王星食

ということで、先週11/8の皆既月食です♪

これは被写体があまりランダムに動かない為(爆)、失敗の削除枚数が少ないのですがかと言って使える枚数はそれほど多い訳ではありません。

撮った月をひたすら載せるのも何ですしね。。。

今回の目玉は、442年ぶりと言われる月食中の天王星食なので、それが分かるように比較明合成した写真を作ってみました(上の写真拡大してね)。

天王星の下に一緒に動いていく物が写っていますが、UFOでなく人工衛星かも知れません。。。テレコン使って写せば良かったかも知れませんね。。。

 

Lightroomだと比較明合成が出来ないのでフリーソフト GIMP を使って合成しています♪

また一度も使っていなかった α7RⅣ にある標準機能、インターバル撮影機能を使ってみました。

これは α7Ⅲ にはありません…でしたが、ファームウェア更新で追加されています。

皆既月食

比較明合成したいときやインターバル動画作るときはピッタリですよね♪

ただ問題は、間隔の最長が短いのがちょっと気になります。。。いや星系相手だと長くしたいですよね。。。

今回は2~3分にしようと思ったら1分 Max だったというわけです。

次回日本で観察できる皆既月食は、2025年09月08日 で今回の天王星食のような皆既月食中の惑星食が起こるのは322年後の2344年7月の土星食だそうです (^^)/

カメラは α7RⅣ、レンズは FE 200-600mm F5.6-6.3 G でした♪

ファイヤーパフォーマンス…パート22022/11/13

ファイヤーパフォーマンス

ということでパート2です♪

ネットで見つけた過去写真から、会場の様子と撮影条件を想像してこんな感じであろうと何通りか撮影設定を想定しておきました。

ファイヤーパフォーマンス

最初はフラッシュと FE 12-24mm F2.8 GM だけで行く予定でしたが、現地でアナウンスでフラッシュは不可とのことでした。

フラッシュが使えると動きの軌跡とパフォーマーの表情を両方撮れる美味しい写真が狙えますが、大勢の人がフラッシュを使うと半分だけ明るい写真になってしまったり、火を使うパフォーマーの目潰しで危ないということもありますので仕方ありません。

ファイヤーパフォーマンス

ではどうするか、と悩んでいたら隣に居た方が、三脚で撮っているカメラとは別にパチパチ撮り出したではないですか!!

そうか、その手があったかとバッグから FE 85mm F1.4 GM を撮り出して、こちらは手持ちで♪

ファイヤーパフォーマンス

FE 12-24mm F2.8 GM の方は三脚に載せていて、しかも舞台ほぼ全域をカバーできます!

…ということで、三脚に載せている方はリモコンを首に下げながら、もう片方は手持ちで同時撮影です♪

ファイヤーパフォーマンス

三脚に載せた方は絞り以外全自動にしていたので、シャッター押した瞬間の明るさでシャッター速度が変わります。。。

なので長すぎると上の様にほぼ火だるまになりますwww

ファイヤーパフォーマンス

三脚側のカメラも途中で何回か設定を微調整して対応しましたが、イベント時間が短いため再検討の余地がありますね♪

手持ちの方は何しろパフォーマーの動きも速くブレたので、こちらも設定を何回か変えました。

ファイヤーパフォーマンス

幾らブレを止めるためとは言え、ISO感度を10000とかあり得ないので良い落し所探しですよね。。。

あと困ったのが手持ちが 85mm しか持ってきてなかったので、若干長過ぎだったのでどこで切るかです。

ファイヤーパフォーマンス

明らかに長すぎるので撮りながら一番悩んだのがフレーミングですね。

でもやっぱり 85mm は良いです♪ 今回の場所から近過ぎでしたがやはり人物撮影では王道です♪

ファイヤーパフォーマンス

しかし大量の写真を見てみると何故か男性の方がピント外れが多かったです。

アイライナーを入れているので瞳認証は良さそうな気がしますが、動きが速かったのか???

ファイヤーパフォーマンス

ということで女性の写真が多い気がするのはそういった事情で、趣向から来ているわけではありませんw

尚、ほぼ一番前から撮りましたがかなりレンズに煤が飛んで来ましたので、もっと下がって撮るのがお奨めです。

ファイヤーパフォーマンス

キャンドルイベントなのに、キャンドル写真がアップされていないではないか!!…とも思いますがこれにて終了です♪

レンズは FE 12-24mm F2.8 GMFE 85mm F1.4 GM、そしてカメラは α7RⅣα7Ⅲ でした♪

ファイヤーパフォーマンス…パート12022/11/09

ファイヤーパフォーマンス

ファイヤーパフォーマンス、というのをやるらしいというのを見つけて行って来ました♪

例のごとく30分程度のイベントにも関わらず大量に撮ったせいで写真整理(削除)に時間が掛かってました (^^;

ファイヤーパフォーマンス

そして大量にピンボケ写真を量産しましたが、今回その原因がSDカードではないか、と思えてきました。。。

カメラの仕組みを知っている人なら、何言ってんだこいつ…、と思うところでしょうがまあ続きを聞いてください。

ファイヤーパフォーマンス

今回疑惑が出たカメラは α7RⅣ で殆ど連写で使いました。。。

人間の瞳にピントを自動に合わせてくれる瞳AFにしていたせいで、そこそこピントが合ってたと思います。

ファイヤーパフォーマンス

問題はカメラのバッファがフルになってシャッターが切れなくなった時です。。。

SDカードが書き込みが終わった時(1秒後くらい?)にシャッターが動きますが、この時のAFの位置ってどこでしょうか?

ファイヤーパフォーマンス

この時は常にピントを合わし続ける AF-C の方が良くなるんじゃないか、という気がしてきました。。。

AF-Sはダメだろうし、AF-A だと止まったり動いたりしている被写体だとある程度の確率で失敗しそうってことです。

ファイヤーパフォーマンス

それで曲論するとバッファフルにならなければピンボケが減る!!…的な結論もある意味正しいと言えます。

だったら、ピンボケは遅いSDカードを使っているのが原因の一旦となります(爆)

ファイヤーパフォーマンス

まあ撮り方でカバーできる(シャッター切れるまで半押ししておく)のですが、実際は”シャッターが切れね~!!”と慌ててるでしょうし、シャッター押しながら "AF-On" ボタン押し続けるのも結構辛いです。。。

ファイヤーパフォーマンス

まあ極端な論理を展開してしまいましたが、他にもSDカードに思うところがあったので真面目にSDカード次回購入時はランクを上げて初の V90 で(今は殆どV30で一部 V60) 試したいと思いますw

ファイヤーパフォーマンス

…もちろん設定も変えますけどねw

さて、イベントのレンズ選びですが、これがネットに情報が少なく困りました。。。距離感分からないのでどのレンズにしたら良いかが分からない…

ファイヤーパフォーマンス

仕方無いので画質の悪い過去写真らしきを参考にしてみると、どうも客との距離が近そうです。。。

ということで FE 12-24mm F2.8 GM でも良さそうだ、ということでこれをチョイス♪

ファイヤーパフォーマンス

さて元々このイベントはキャンドルのイベントなので、ボケ遊び用+ファイヤーパフォーマンスに近寄れない時のバックアップに FE 85mm F1.4 GM を用意しました。

そしてカメラは二台体制で α7RⅣα7Ⅲ です♪ …パート2へ続きます♪

α7RVって…2022/11/05

α7RV
実は結構α7RⅤ悩んでいましたが今は見送ることにしました。。。。

色々変わった機能として気になっていたのは

・AF向上
・4軸マルチアングル液晶モニター
・8K動画 (使わんけどw)
・インターバル撮影機能(α7RⅣでもあるけど)

ですが、センサーがα7RⅣと同じというのが気になりました。
それはセンサーの読み出し速度を上げてしまうと、ノイズが増えてしまうんですよね~。

となると静止画カメラとしてはちょっといただけません。。。
まだその手のレビューが出ていませんが、過去の傾向からするとその可能性が高いです。
もし高感度時の劣化が無いのならキャッシュバックキャンペーン時狙うかも知れませんけどね♪

これでセンサーが新型だったならまずゲットしたと思います。。。
後はバッテリーの保ちが悪くなってますが性能アップしたファインダーのせいでしょうか…でもα1よりは良いですが…

…など言っている間に撮りに行って来ました。
写真整理に時間が掛かっていますが、近日中にアップできるかと思います♪